脱毛で未来を変える

ヒゲ脱毛について

ヒゲ(髭)の基礎知識

ヒゲ(髭)とは、男女問わず人間の顔に生える毛のことを言います。口ヒゲ、アゴヒゲ、頬ヒゲの3タイプに分けられ、それぞれ漢字で書くと髭、鬚、髯と書き分けられるのですが、総合的に髭と書かれる場合がほとんどです。ちなみに英語ではその3種類は別の単語になっており、日本語の髭のように全てを総称した単語はありません。
ヒゲは思春期を迎える頃に生え始めます。思春期を迎えると男性ホルモンの分泌が多くなり、それがヒゲやワキ毛の進行に働きかけます。
ヒゲの濃さには個人差や人種の違いによる差があります。男性以外に女性にも生えることがあります。寒冷気候に住む人種にはヒゲが薄い人が多く、それは吐息によってヒゲが凍り、顔面が凍傷になるのを防ぐためと考えられています。
ヒゲは体毛の中でも硬度が高く、同じ太さの銅線並みの硬さがあります。理髪店などの顔剃り時に蒸しタオルを被せられるのは、暖めることでヒゲを柔らかくし、剃りやすくするためです。
ヒゲは見た目のイメージに大きく関わるため、多くの男性は毎日ヒゲの手入れをし、整えています。

ヒゲが濃くなる理由

ヒゲの濃さには個人差があり、濃い人がいれば薄い人もおり、中には女性でも生えている人もいます。このような個人差は、男性ホルモンの分泌量が関係あるとされています。男性ホルモンが多く分泌されると、ヒゲを始めとした体毛全体が濃くなります。
男性ホルモンは男性の方が当然多く分泌されますが、男女ともに分泌されているので、女性でも体毛が濃い人や男性でもヒゲがあまり生えないといった個人差が見られます。
男性ホルモンが多く出る一つの要因として、精力増強剤や栄養剤の摂取も関係あるとされています。
また現代のヒゲが濃くなる理由のトップとして考えられているのは、ホルモンバランスが崩れていることとされています。食生活が乱れたり不摂生な生活が続くと体毛が濃くなり、男性はヒゲに大きな影響が出ると言われます。
昔よりもヒゲの濃さが気になるという人は、生活習慣や食生活を見直してみることをおすすめします。1日3時間以上の睡眠が、男性ホルモンが正常に分泌されるための秘訣なので、睡眠をしっかりとることも重要です。

青ヒゲの原因

きちんとヒゲを剃っていても、剃り跡が青ヒゲになってしまう人がおり、そうなってしまうと無精ヒゲと同様見た目のイメージダウンにつながります。青ヒゲになる原因は、ヒゲを剃ってもその時皮膚の表面に出てきているものしか剃りきれず、皮膚の下にヒゲがまだ残っていることによります。
ヒゲ剃りではヒゲそのものを抜いているわけではないため、皮膚の下にヒゲが残ってしまうのは仕方ありません。
表面のヒゲは剃りきれていても、皮膚の下に残っており、それが皮膚の色と重なることで青く見えてしまうのが、青ヒゲになる要因です。肌が色白の人ほど青く見え、黒く日焼けをすることで青ヒゲが目立たなくなる場合もあります。
青ヒゲの気になる人の簡単な対処法として、ファンデーションで隠すというやり方があります。もしくは毛抜きで抜くのも青ヒゲ防止対策には有効でしょう。
金銭的な余裕があるのなら、クリニックやメンズエステで脱毛してもらうことが、最もきれいな顔に近づく方法かもしれません。