脱毛で未来を変える

男性のVIO脱毛も|脱毛の注意点

脱毛時の痛みについて

どんな脱毛方法でも、痛みは伴います。痛みには個人差があったり、脱毛する箇所、施術者のスキルや機械の違いによって異なります。
痛みの少ない脱毛方法を順に紹介すると、光脱毛、医療レーザー脱毛、電気針脱毛の順になります。光脱毛は輪ゴムで軽く弾いた程度の痛みで、医療レーザー脱毛はそれ以上の刺すような痛みがあり、電気針脱毛はピリピリと電気が流れるような刺激があります。
脱毛箇所により痛みが違う理由としては、皮下脂肪の厚さが関係しています。皮下脂肪の多い太ももやお尻などはあまり痛みを感じず、皮下脂肪の少ないひざや足首などは痛みを感じやすい箇所となります。

メンズ脱毛の痛みを緩和する方法

脱毛箇所を冷却することで、施術時の痛みを軽減できます。脱毛機器によっては冷却装置が付いているものもあったり、クリニックでは麻酔などで痛みを軽減してくれるところもあります。
サロンやクリニックで脱毛する前に、自分でできる痛み対策があります。以下のことに注意しましょう。

十分な睡眠を摂る

体調がすぐれない時は痛みを感じやすくなるため、脱毛の前日は睡眠をしっかり摂りましょう。また二日酔いも同様に痛みに敏感になってしまう要因なため、気をつけましょう。

保湿をする

乾燥した肌は痛みを感じやすくなります。保湿クリームを塗るなどして、事前に保湿をしておきましょう。

カフェインを摂取しない

カフェインは神経を敏感にする作用があります。脱毛当日はコーヒーなどカフェインを含む飲料は飲まないよう注意しましょう。

不安を解消する

脱毛への不安はストレスとなり、やがて痛みへと繋がります。説明を事前にしっかりと聞いてイメージを膨らませ、不安を解消しましょう。

冷却する

脱毛後は冷却することにより、痛みからの回復を早めます。また触ったり掻いたりしないようにも注意しましょう。

脱毛プランを考える|ひげ脱毛・メンズ脱毛・VIO脱毛

脱毛はどんな脱毛方法においても、1度の施術だけでは終了しません。体毛は成長初期、成長期、退行期、休止期の4つのサイクルを繰り返していて、これを毛周期と呼びます。黒色のメラニン色素がある成長期に脱毛することにより、高い脱毛効果が得られます。毛周期は毛根それぞれによって違うため、1回の脱毛では全ての毛根に効果は出ないのです。そのため毛周期に合わせ、時期をずらして数回の施術が必要になります。
サロンのエステティシャンやクリニックの医師と相談して、カウンセリング時に脱毛プランを立てましょう。日焼けをすると施術を受けられないこともあるので、通院中は過度の日焼けに注意しましょう。
また光脱毛や医療レーザー脱毛を受ける前にはヒゲは抜かないようにしましょう。ヒゲを抜いてしまうと、レーザーの刺激が毛根に伝わらず、レーザー照射が無効になってしまうからです。脱毛前はヒゲ剃りにとどめておきましょう。